Pocket

交通事故に限らず、弁護士に何かを相談する場合には、費用が発生することがあります。その費用は、一般的に「相談料」と呼ばれ、時間制で、30分○○○○円などと表記されます。

相談料は時間制である場合がほとんどなので、相談内容が解決してもしなくても料金が発生します。また、いくつか相談したいと思っていても、時間内でできる相談が限られているので、結局聞きたかったことが弁護士に聞けなかったというパターンもあり得ます。相談する前には、優先順位を付けて内容をまとめておきましょう。

弁護士の相談料はあらかじめ決まっているので、相談をしようか迷っている時でも、問い合わせてどのくらいの金額なのかを聞くことができるので安心です。

最近では、弁護士費用も問題が解決した場合に必要になる報酬金に重きを置く傾向があります。そのため、初めの相談料や、実際に弁護士が行動を始めた際にかかる着手金などを無料にしている弁護士が増えています。

相談料の相場が知りたいという人も多いことでしょう。しかし、相談料は弁護士費用の自由化によ、弁護士それぞれで大きく異なり、相場を出すのが大変難しいものです。複数人の弁護士事務所に問い合わせをして、料金を比較検討したり、日本弁護士連合会(日弁連)に問い合わせてみたりしても良いでしょう。