弁護士相談料とは

交通事故に限らず、弁護士に何かを相談する場合には、費用が発生することがあります。その費用は、一般的に「相談料」と呼ばれ、時間制で、30分○○○○円などと表記されます。

相談料は時間制である場合がほとんどなので、相談内容が解決してもしなくても料金が発生します。また、いくつか相談したいと思っていても、時間内でできる相談が限られているので、結局聞きたかったことが弁護士に聞けなかったというパターンもあり得ます。相談する前には、優先順位を付けて内容をまとめておきましょう。

弁護士の相談料はあらかじめ決まっているので、相談をしようか迷っている時でも、問い合わせてどのくらいの金額なのかを聞くことができるので安心です。

最近では、弁護士費用も問題が解決した場合に必要になる報酬金に重きを置く傾向があります。そのため、初めの相談料や、実際に弁護士が行動を始めた際にかかる着手金などを無料にしている弁護士が増えています。

相談料の相場が知りたいという人も多いことでしょう。しかし、相談料は弁護士費用の自由化によ、弁護士それぞれで大きく異なり、相場を出すのが大変難しいものです。複数人の弁護士事務所に問い合わせをして、料金を比較検討したり、日本弁護士連合会(日弁連)に問い合わせてみたりしても良いでしょう。

弁護士費用特約

自分が契約している自動車の任意保険の内容はきちんと把握できているでしょうか。任意保険の中には、「弁護士費用特約」が付随しているものがあります。

弁護士費用特約とは、交通事故の被害に遭ってしまった場合、法律相談をしたり、損害賠償請求を行ったりするときの弁護士費用を自動車保険会社が負担するというものです。

交通事故に遭ったときは、さまざまな費用の工面や生活の保障など、さまざまな精神的な負担がかかります。弁護士費用特約がついていれば、そういった部分の心配が少なくすることができます。

自動車保険会社が弁護士費用をどの程度負担してくれるのかは、過失割合によって異なる場合が多いものです。過失割合が10:0の場合は、全額保険会社負担になるのが一般的ですが、過失割合が10:0でなくても、一部を負担してくれるなどの契約になっていることが多くあります。過失割合と負担割合の関係については、各保険会社により異なります。契約の際には、必ず確認することをおすすめします。

弁護士特約は、カバーしてくれる対象者や2台目以降も対象となるものなど、実にさまざまな内容になっています。まずは、自分が特約が付けているかどうか、次にその特約の内容がどのようなものであるかをあらかじめ確認しておくと、万が一のときに安心です。

弁護士を探す

交通事故の被害を弁護士に相談しようと思った場合、何を頼りにして弁護士を探せば良いのか分からないという人も少なくありません。親類や知り合いに弁護士がいる場合は、その弁護士に頼むことができます。但し、弁護士にはそれぞれ得意分野があるので、できれば交通事故に強い弁護士であることが望ましいでしょう。

知り合いに弁護士がいない場合は、まず相談する弁護士を探すところから始まります。インターネットのサイトから弁護士は簡単に見つかりますが、その際には交通事故に強い弁護士を探すようにしましょう。サイトで検索した場合、一番トップに出てくる弁護士に依頼してしまいがちですが、必ずしも実績が伴うとは限らず、また、自分に合うとも限りません。弁護士はじっくり比較して選ぶことをおすすめします。個別の弁護士のホームページを見ても分かりにくい場合は、ポータルサイトなどを活用しましょう。

行政では、定期的に無料弁護士相談会を実施しているところもあります。そういったサービスを利用して意見を聞いたり、自分に合う弁護士を探したりする方法もあります。内容や頻度、予約の方法などは各行政によって異なるので、住所地のある役所に問い合わせてみても良いでしょう。

 

交通事故に遭ったら

注意をしていても巻き込まれてしまうのが交通事故の恐ろしいところです。交通事故の被害に遭うということは、日常的にあまり起こることではないので、当事者になってしまったときに、パニックになってしまう人も少なくありません。

交通事故に巻き込まれてしまった場合、自分1人で対処できないケースもあります。事故の被害が大きければ大きいほど、個人で解決するのが難しくなるのは、安易に想像がつくのではないでしょうか。

事故に巻き込まれて対処に困っているときに、強い味方になってくれるのが弁護士です。交通事故は、身体的なダメージが出るのはもちろんのこと、目に見えない精神的なダメージも大きいものです。特に、個人で解決しようとした時に、物事がスムーズに運ばなかったり、被害者であるにも関わらず不利益を被りそうになった場合の精神的負担は相当のものになります。

弁護士とスムーズなやり取りをして、交通事故の被害を短期間で円滑に処理することで、精神的な負担を大幅に軽減することができます。

一般的な生活を送っている人であれば、弁護士との接点もあまりなく、どうやって依頼したら良いのか、依頼した場合、相談料がどのくらいかかるのか、相談する時のポイントなど、分からないことが多いことでしょう。

ここでは、交通事故の被害に遭ったときに、弁護士に相談する際のポイントについてまとめます。弁護士とのコンタクトの取り方や相談料についてなど、万が一の時のために、チェックして整理しておきましょう。